葉酸は妊婦と赤ちゃんにとって重要な役割を果たす栄養素である

妊娠前から摂取したい

自然

妊婦さんなら摂取する必要がある成分には、葉酸が挙げられます。多くの人が健康維持のために葉酸を採りこまないといけないと思いがちですが、手軽に摂取できる食品がありません。最近では、簡単に購入できる葉酸サプリが注目されています。

More…

妊娠力を高める取り組み

カウンセリング

不妊治療には人工的な治療も含めて、さまざまな原因から行われていきます。しかし、その根本にあるのが妊娠しやすい体づくりとなり、これができていなければ妊娠は難しくなってしまいます。これに効果的なのが妊娠力を高めるサプリで、女性ホルモンを整えて流産予防にもなるので、積極的な摂取がすすめられているほどです。

More…

妊娠前後に摂りたい栄養

赤ちゃん

ビタミンM、ビタミンB9

健康を維持するためには、栄養バランスの良い食生活を送ることがとても大切です。特に妊娠している女性は、自分の体調とお腹の赤ちゃんの成長を考えた栄養を摂ることが重要です。厚生労働省では、妊婦に必要な栄養素として葉酸の摂取を勧めています。妊婦に配布される母子手帳にも葉酸摂取を推奨する内容が明記されています。では、葉酸とはどのような栄養成分でしょうか。葉酸はほうれん草から見つかった栄養成分でビタミンMやビタミンB9と呼ばれることもあります。葉酸は水溶性ビタミンB群に分類されていて、葉物野菜やレバーなどに多く含まれています。水溶性ですから水にさらすと栄養成分が流れ出してしまう性質を持っています。また、熱に弱いので調理する時の熱で栄養成分が壊れる性質も持っています。

効果と摂取方法

この葉酸にはどのような働きがあるのでしょうか。厚生労働省が葉酸を勧めているのは、葉酸が神経管閉鎖障害という先天性の障害のリスクを低下させる働きがあるからです。神経管閉鎖障害を妊娠初期に発症すると無脳症になったり上手く歩けないなどの症状を持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。妊娠前から妊娠3か月頃までに葉酸が不足しないように注意することでリスクを減らすことが出来るのです。妊娠3か月までは、1つの細胞から赤ちゃんの体を形作る大切な期間です。妊娠に気付いてから摂取しても良いのですが、妊娠前から不足しないように摂取することでより効果が期待できます。葉酸には、胎児の成長を助け、血液をつくる効果もあります。赤ちゃんやお母さんの貧血を防止する役割も果たすことが出来ます。

妊娠中に良い食べ物

看護師

アボカドは妊婦さんに嬉しい栄養素が豊富に含まれており、食事に積極的に取り入れたい食べ物であるという事が分かります。しかし、栄養価が高い食べ物であるからこそ、妊婦さんの体の状態によっては制限される事があります。

More…